■現在の閲覧者数: ■総記事数: ■一言:

ゲームnewsや便利ツールなどを提供しま~ス
更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ運営のため、クリックお願いします↓↓



人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「第144回芥川賞・直木賞」は共に2作品 7年ぶり4名選出

ne1111.jpg
「第144回芥川賞・直木賞」は共に2作品 7年ぶり4名選出されたようです


日本文学振興会は17日、「第144回芥川賞・直木賞(平成22年度下半期)」の選考会を都内で開き、
芥川賞に朝吹真理子さん(26)の『きことわ』と西村賢太さん(43)の『苦役列車』、
直木賞に木内昇さん(43)の『漂砂のうたう』と道尾秀介さんの『月と蟹』を選出した。
両賞が共に2作同時受賞するのは、芥川賞(金原ひとみ「蛇にピアス」、綿矢りさ「蹴りたい背中」)、
直木賞(江國香織『号泣する準備はできていた』、
京極夏彦『後巷説百物語』)で話題を呼んだ第130回(2004年1月15日発表)以来7年ぶり。

 選考委員の島田雅彦氏は「朝吹さんは初回7ポイントを獲得して受賞が決定し、
その後残った候補者の中から5.5ポイントで西村さんが選ばれ、
W受賞にするかどうかについても簡単に決まった」と選考過程を説明。
朝吹さんを「時間、記憶、過去を自在に操る、時間の処理について卓越した技術を持っている」、
西村さんを「ゆるぎない芸風を持っている。
私小説といいながらも三人称で書かれているが、独特の技法」と両作品を評価した。
朝吹さんは2010年に『流跡』で第20回Bunkamuraドゥ マゴ文学賞を最年少となる25歳で受賞。
詩人・朝吹亮二氏の娘で、現在は慶大前期博士課程に在籍。
西村さんは2003年7月より同人雑誌「煉瓦」に参加して小説を書き始め、
芥川賞は第134回、138回に続き3度目のノミネートでの受賞となった。



マジ、小説書けれる人尊敬するわー

俺、作詞もできないし、小説も思い浮かばねー

まあ、俺は理系だから・・・?

ソース:Yahoo
関連記事

ブログ運営のため、クリックお願いします↓↓



人気ブログランキングへ
[ 2011/01/17 21:18 ] 芸能/その他 | TB(0) | CM(2)

応援サイトに自分のブログはいってる!!!w
すごく嬉しいですw
[ 2011/01/18 05:05 ] [ 編集 ]
いえいえ。

応援してるから~こうなちゃうんです!
[ 2011/01/18 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
・アダルト関係・荒らし等コメントはしないでください
・相互リンクなど、その記事にあったコメントをしてください













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト情報
このサイトに足りないものは何ですか?


.管理人のネーム:ZERO 
.相互リンク募集中です。
相互リンク申請はLINKの方で!
・メール(お問い合わせなど用に)
↓↓
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。